シンガポールのローカル食の物価

シンガポールのローカル食の物価

シンガポールへ海外展開をお考えの皆様、シンガポールに興味のある皆様

今回は、シンガポールのローカル食の物価について。シンガポールというと、とにかく物価が高い、そんなイメージありませんか?それは事実である一方で、どうしても日本にいながらシンガポールの話を聞くと、イメージが先攻しすぎている感もあります。

正確に言うと、「ちょっと贅沢しようとすると、すごく高くなる」です。

ちゃんとした日本食を食べようとすると、日本より断然高くなります。例えばラーメンは1杯12〜15S$(1,000円〜1,300円)くらい。普通の和食のお店でも、1品とんかつや定食などを頼むと15〜25S$(1,300円〜2,200円)くらいします。洋食も同様。中華もピンキリですが、旅行者に大人気の鼎泰豐とか行くと、結構良い値段します。夜飲みにでも行けば時には80〜100S$とか行く事も普通です。

ということで、日本と同じ様な物を食べて、飲んでという生活をしようとすると高くなるのですが、ローカルの食べ物は実は非常に安く、味もそこそこです。例えばローカルフードに切り替えるとこんな一日の食事になります。

朝:トーストセット(コーヒー付き)2S$
昼:ランチ定食(チキン、ライス、軽めのサラダ)4S$
夜:メイン一品(堅焼きそば、バクテー、麺類など)5S$

全然価格帯が違いますね(笑)。今回はそんなローカルの食べ物をいくつか紹介します。

昼食は一食4S$(360円)!?

こちら、某企業のシンガポールオフィスの社食ですが、なんと一食4S$(360円)です。写真は肉系なので、若干高く、もし麺類を選ぶなら2.5S$(220円)で食べれます。味は・・・まあ悪くないです。ずっと食べてると飽きるんですがw

旅行客にも有名なバクテー

多くの旅行ガイド本にも載っていると思いますが、ローカルフードのバクテーです。これで5S$とか。白いタイプのものはシンガポール由来で、黒いタイプはマレーシア由来とか。自分が好きなのは黒いタイプ。まさに今日も食べてきました。

ポークライス

チキンライスは超有名ですが、こちらはポークライス。これも中々いけます。これで3.5S$。

ホッケンミー

これも地元の日本人には有名ですね!色々なところにあるフードコートで食べることができます。5S$くらい。

一度ローカルフードに徹底的に浸かるのも良いかも!?

出張に来ると、ついつい良さげなお店、高めのお店に行ってしまいがちですが、かなーり高くなります。これからシンガポールへの進出を考えていて、頻繁に来られる方々は、せっかくなので、一度ローカルフードに徹底的に浸かるのも良いかもしれません。個人的な感想ですが、味はそんなに悪くなく、むしろ美味しい料理が多いです。ただし、ずっと食べてると段々飽きも来るのですが・・・

今回紹介したのはほんの一部の地元の食事情です。またの機会にお勧めのローカルレストランも御紹介したいと思います!人気がある店はほんとに人気がすごくて、安くて美味しいんです!!!

CrowdSekaiのベーシック・プレミア会員は、こうした気軽で何気ない日常の生の情報についても、相談することができます。今回のネタは本当にごく一部の情報しか載せていません。いくらでもお話できます。食関連の事業を行いたい法人・個人様には、きっと色んなヒントが即座に得られるハズ。どんな相談できるの?と気になった方は、いつでもお気軽にお問い合わせください。(ほぼ)365日、お待ちしております。

Leave a Comment