深夜便でシンガポールに着いた時の過ごし方 〜ホステルに泊まって経費節約〜

hostel2

深夜便でシンガポールに着いた時の過ごし方 〜ホステルに泊まって経費節約〜

CrowdSekai事務局の大三です。日本からシンガポールの深夜に到着する便を使う方も多いと思います。シンガポールは宿泊がとても高いです。深夜1時に空港着いて、次の日朝から仕事。4〜5時間くらい仮眠ができれば良いのに・・・なんてことありませんか。深夜にチャンギ空港についた時の過ごし方は、いくつかあります。これまで色々奮闘試行錯誤してきましたが、今回は4)について。

1)入国しないで空港内のソファやスペースでねばる
一度試したら、1.5時間程で警備員に捕まり、入国するように促されました。。。。

2)トランジットホテルに泊まる
空港の中にあります。一泊シングルでS$76.5と悪くないですが、予約が取れにくいようです。

3)空港出たところのイスで寝る
何度かやっていますが、身体痛くなります。2時間くらいが限度か。

4)ホステルに泊まる
リトルインディアやチャイナタウンといったエリアには、1泊2,000円代で泊まれるホステルがあります。今回初めて試してみたのが、Five Stones Hostelというホステル。

中の様子(寝床)

着いたのが深夜だったため、実際の写真は撮れず。(写真はトリップアドバイザーより引用)

布団は清潔で、悪くなかったです。
1部屋に10人くらいいました。

廊下の様子

廊下はこんな感じ。各階に共通のトイレやシャワールームが付いてます。(これは自分で撮影)

廊下の様子2

トイレはこんな感じで廊下に面してます。(これも自分で撮影)

トイレはあんまり奇麗じゃなかったですねー。まあしょうがない。

どうでしょうか。出張者でも1度ぜひお試しあれ!

10人1室ですが、皆、周りに気を使って音をたてないようにしているため、ぐっすり眠れました。

自分は学生時代にバックパッカーをやったことも無かったですが、1泊なら全く問題なし、満足です。
朝、スーツを着た欧米人と廊下ですれ違ったので、ビジネスマンも使っているのだと思います。

シンガポールで事業を立ち上げられる際には、頻繁に現地へ足を運ぶことになると思いますが、宿泊代が高くばかになりません。ぜひ色々な方法で費用を節約してみてください。

またの機会に、更に数週間など少し長めに滞在する方のための、コスパの良い方法についても報告します!

Comment (1)

  1. Yuko

    私もこの前、シンガポールに一週間いたとき安宿のドミトリーホステル使ってみました! 安さと、立地がなかなかいいからと、長期駐在員のかたや、現地就職しているビジネスマンの方もいて驚きました!旅行者や短期滞在の方だけではないのですね。それと、深夜便の場合24時間対応のあるホステルをおすすめします!

Leave a Comment